下記の誤りがありました。お詫びして訂正致します。

なお、2020年版の正誤表はこちらです

経済学

2021年2月22日記載

(p.114 ラスパレイス物価指数の式) 

(誤)ラスパレイス物価指数=(A財(比較時点の価格9×基準時点の数量10)+B財(基準時点の価格11×基準時点の数量10))~
(正)ラスパレイス物価指数=(A財(比較時点の価格9×基準時点の数量10)+B財(比較時点の価格11×基準時点の数量10))~

(p.480  解説の6行目)
(誤)代替効果が下図の①、所得効果が下図の②である。
(正)所得効果が下図の①、代替効果が下図の②である。

(p.544 エの解説) 
(正)「なお、四角形bcefは固定費用によって示される。」の文章を削除

2021年2月10日記載

(p.392 図2~アの解説)
図2の記号に誤りがありました。それに伴い、図2とその下の解説を訂正いたします。

正しくは、下記のとおりです。

2021年2月4日記載

(p.20 aの解説)

(誤)一方、株式を売却した時点で発生した売却益は付加価値に含まれる。

(正)一方、株式を売却した時点で発生した手数料は付加価値に含まれる。

2021年2月3日記載

(p.579 Cの解説)

(誤)

C:不適切である。利潤を最大化にする価格はP0、取引量はQ0 であり、
全体の経済余剰は四角形P0EFP2 になる。

独占均衡における経済余剰は
消費者余剰△ D0P0E+生産者余剰□ P0P2FE=□ D0P2FE である。

(正)

C:不適切である。独占下において利潤を最大化にする価格はP0、取引量はQ0 である点は正しいが、

経済余剰は□P0EFP2ではなく、消費者余剰△D0P0Eと生産者余剰□P0P2FEの合計である□D0P2FE である。

企業経営理論

2021年1月21日記載

(P.124  選択肢アの解説)
(誤)  ア:適切である。
(正)  ア:不適切である。 となります。
 設問の正解自体は変更なく、(エ)が適切です。