出題項目のポイント

まずは,規模の経済性についての理解が必要である。生産量が大きくなると,経験 曲線効果に応じて単位当たりの生産コストが低下する効果である。次に,規模の経済 性と対比して,範囲の経済性についても把握しておく必要がある。範囲の経済性は, 複数の事業を持つことによって,おのおの単独で事業を行う以上の価値を出せること を指し,シナジーの実現がポイントになる。規模の経済性が単一事業の生産拡大によ る平均費用の低下を意味するのに対し,範囲の経済性は複数事業による平均費用の低 下を意味する。

出題の傾向と勉強の方向性

経済性の種類とその内容について対応できるようにしてほしい。それぞれの経済性 において,費用(総費用,共通費用)が,生産量が変わることで,どのような変化を するのか,グラフでイメージをつかんでおきたい。経済学と関連させて学習すること が有効であろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA