出題項目のポイント

範囲の経済性から発展して,多角化や M&A についての分野である。中小企業は 経営資源の乏しさから,単一事業を行っていることが多かった。しかし,単一事業で は,最終的には規模の経済性により勝敗が明確につきやすい。そのため,中小企業と いえども多角化を図ったり,外部と連携する事例が増えている。 また,平成 29 年度は,M&A や MBO など 2 問出題された。これは,中小企業施 策が事業承継にフォーカスがあたっているためで,今後もしばらく同様の傾向が続く ものと考えられる。

出題の傾向と勉強の方向性

多角化を図ることや M&A の手法とともに,実施することによるメリット・デメ リットについて,確実に押さえておく必要がある。また,多角化によって,どういっ たシナジーを発揮するのかについても(販売シナジー,生産シナジー,投資シナジー, 管理シナジー)確認しておいてほしい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA