出題の傾向と勉強の方向性

排出権取引,リサイクル法(平成 22 年度第 11 問),TLO(平成 20 年度第 5 問), 産業集積(平成 18 年度第 8 問/平成 17 年度第 5 問),資金提供(平成 29 年度第 9 問)など,雑多な範囲になりがちである。排出権,リサイクル法,事業継続計画など, やはり,世の中の動向に応じて出題される傾向があるため,広い視野を持って,勉強 を進めてほしい。

なお,戦略論の範囲は,上位レイヤーの概念に基づくものが多いだけに,古典的な 戦略も取り上げられ続けている。一方で,今日的な課題への対応の問題も登場する。 事前の対策は難しい問題が続くが,常にアンテナを高く設置し,日本や世界の動向 を把握できているかによって,対応できるかできないかが分かれてくるであろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です